2018/11/17 22:38

 10年後までの毎日が楽しくなりますように。
 沖縄で、職人さんの愛情をいっぱい受けて生み出されたレザーカービングをお届けする「電波堂劇場クラフト館:紀々の店」より、紀々です。

 「こんなの見たことない!」

 レザー好きさんから驚かれることが多くなりました。
 量産できないので、広く流通しないため「見えない」ということを痛感し、しばしば反省しています。

 でも、

 たくさん作れないからこそ価値があるのかも

 とも思います。

 10年使って頂いているレザーアイテムを見て、気づいたことがあります。

 10年使えるようにと工夫して作る人。

 10年使えるようにと大切に使う人。

 この二つが揃ってはじめて「10年使えるレザー」が生まれるのでした。

 その気持ちで迎えてくれる方にお届けしたい。

 新しい決意も、ここから生まれました。

 革は、生きています。

 モノではなく「相棒」として、持ち主の様子をうつしていると感じます。

 それぞれが、表情を持っています。

 久しぶりにメンテナンスに里帰りしてくれた時には、

 「幸せに暮らしているよ!」

 と教えてくれたりもします。

 「占い師みたい」

 そう驚かれるのは、きっとそのため。

 幸せをたくさん占えるようになりたいです。

 あした、転機になぁれ!

 

 ・info・


 
 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。


 

  • Home
  • About
  • Blog