2018/08/15 12:57

 10年後までの毎日が楽しくなりますように。
 沖縄で、職人さんの愛情をいっぱい受けて生み出されたレザーカービングをお届けする「電波堂劇場クラフト館:紀々の店」より、紀々です。

 バッグができることって、何だろう?

 このお題に向き合って、何年になるでしょうか。

 どうしたら、もっと楽しくなるかな?

 どうしたら、もっと楽になるかな?

 持って下さることのことを考えながら試行錯誤。
 飾るものではなく、ふだんに使うものだから。

 これが、きっと芸術作品との違いのひとつ。
 バッグにまつわる「お困りごと」を少しでも解決できたら、と思っています。

 その一つが、

 「なで肩」。

 なで肩さんは、バッグの取っ手がスルリと滑り落ちてしまうのがお悩み。
 
 ナナメがけはなで肩さんにピッタリではあるのですが、旅行用のものが多いため、「もっとオシャレなものを持ちたい」という想いをお持ちの方は多いようです。

 ショルダーは無理かな、と思っている方からのオーダーを頂いた時に、職人さんに相談をしました。

 「平たいベルトは滑りやすいから、丸いタイプのベルトに取り替えたらどう?」

 そしてもうひとつ。

 「ベルトだけ新しくなると、バッグ本体よりも色が白っぽくなるから、同じくらいの色味になるまで少しだけ時間を頂けたら……。」

 お客さまからは、感激のお返事がありました。
 そんなやりとりを経てお届けしたショルダーバッグ。

 「肩から滑り落ちません!」

 喜んで頂けて、私も感激でした。
 あきらめていた願いが叶うというのは、幸せです。

 あした、転機になぁれ!

 お知らせ♪
 電波堂劇場の「夏のオープン劇場!」で、クラフト体験&展示販売会コーナーもつくります。
 お気軽にどうぞ。
 詳細は、こちらから
 
 

・info・


 
 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。


 

  • Home
  • About
  • Blog