2018/07/10 12:15

 10年後までの毎日が楽しくなりますように。
 沖縄で、職人さんの愛情をいっぱい受けて生み出されたレザーカービングをお届けする「電波堂劇場クラフト館:紀々の店」より、紀々です。

 バッグをつくっているんじゃないの。
 「10年もつ」バッグをつくっているの。

 母の言葉に、ハッとしました。

 「何をつくるか」よりも「どんな気持ちでつくるか」で、材料選びから一つひとつの作業まで変わってくる。
 「10年もつように」と思ってつくった人がいて、「10年持ちたい」と思って使ってくれる人がいて……
 だから、時を重ねるごとに輝きを増すバッグやおサイフが生まれているのだ。

 そう気づきました。

 このバッグやおサイフの向こうにいる「一緒に10年を想ってくれる人」の存在を想うと、幸せな気持ちになります。

 あした、転機になぁれ!


 ・info・


 
 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。


 

  • Home
  • About
  • Blog