2018/06/29 12:15

 10年後までの毎日が楽しくなりますように。
 沖縄で、職人さんの愛情をいっぱい受けて生み出されたレザーカービングをお届けする「電波堂劇場クラフト館:紀々の店」より、紀々です。

 先日、電波堂劇場【哲学する写真部】でカメラマンの深谷慎平さんに、とあるお願いをしました。
 ※ <span style="color:#0000FF"><a href="http://kumojipiano.ti-da.net/c415425.html" target="_blank">電波堂劇場【哲学する写真部】については、こちら。</a></span>

 バッグと一緒の写真。

 カタログのように「バッグだけ」ではなく。

 モデルさんのように「バッグを持っている」でもなく。

 「バッグと一緒に」。

 そんな2ショットを撮ってもらいたい、と思っていました。

 「どんな風に撮ってもらいたいか?」

 私にとって、バッグはファッションアイテムではなく「友だち」のような感覚。
 だから、二人で隣にいる雰囲気で撮ってもらいたかったのでした。

 それを深谷さんと一緒に考えるのが、哲学時間。
 そこから生まれた一枚は、こちらです。

 私の気持ち、伝わるでしょうか?

 あした、転機になぁれ!
 
 

 

 ・info・


 
 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。


 

  • Home
  • About
  • Blog