2018/06/21 11:32

10年後までの毎日が楽しくなりますように。
 沖縄で、職人さんの愛情をいっぱい受けて生み出されたレザーカービングをお届けする「電波堂劇場クラフト館:紀々の店」より、紀々です。

 カービングは、とにかく細かくて根気のいる作業。
 一度カタチがついてしまうと、もう後戻りできません。
 バッグのような大きなものは、最後のミスで全部がダメになる可能性もあります。

 だからこそ、ココロもカラダも整えて向き合うことが必要。

 早く・たくさんつくることが出来ない理由の一つです。

 職人さんとのお話で、印象に残っているものがあります。

 元気がないと、つくれない。
 でも、ひたすらレザーに向き合っているうちに、元気が出て来る。
 
 元気とレザーは、つながっていました。

 モノづくりから生まれた元気が、また新しいモノづくりのチカラになっている。

 そんな気がします。

 その元気を、今度は使う方へバトンタッチして輪を広げていく……

 私は、そんなご縁結びが出来たらと思っています。

 あした、転機になぁれ!   

 

 ・info・


 
 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。


 

  • Home
  • About
  • Blog