2018/06/14 11:30

10年後までの毎日が楽しくなりますように。
 沖縄で、職人さんの愛情をいっぱい受けて生み出されたレザーカービングをお届けする「電波堂劇場クラフト館:紀々の店」より、紀々です。

 「愛は、お金では買えない。」

 こう言うと誤解を招くかもしれませんが、このところあらためて感じています。

 手間ヒマ愛情をかけてのモノづくりは、数をこなせない。

 だから……

「お金を出してくれるなら、どなたでもどうぞ!」
「いつでも・いくつでも、すぐにお届けします!」

とは言えません。

 コンコンコンコン……

 母に限らず、カービングの作業をする職人さんの背中を見ていると「人生の時間をかけてつくっている」と感じます。

 だからこそ、

 「本当に届けるべき人」にお届けしなくちゃ!

 と思わずにはいられないのです。
 モノづくりの見えない舞台裏を「伝えたい」と。
 里親を探すというのは、こんな感じなのかなと思ったりしながら……。

 使って下さる人と、つくる人、そして「生み出されたアイテム」の3つの幸せが叶うご縁を結ぶ。

 その時に、転機と幸せが生まれるのだと感じています。

 人間は、機械じゃないから。
 つくる人も、使って下さる人も「人間らしく」いられるカタチを大切にしたい。

 これは、私たちの哲学のひとつでした。

 あした、転機になぁれ!

 

 ・info・


 
 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。


 

  • Home
  • About
  • Blog