2018/01/25 16:30

 10年後までの毎日が楽しくなりますように。
 沖縄で、職人さんの愛情をいっぱい受けて生み出されたレザーカービングをお届けする「電波堂劇場クラフト館:紀々の店」より、紀々です。

 レザーの魅力の一つにあるのが【「古さ」が価値になる】ところ。

 これは、私自身が年齢を重ねてわかるようになった魅力です。
 特に、カービングはその味わいがよく見えるものだと感じています。

 陰影が深くなり、まるで動物が「生きているように」イキイキと浮かび上がって驚きます。
 新しいものに買い替えるのは、すぐできますが……この味わい深さは、とにかく時間をかけるしかありません。

 ねぇ、交換して~!

 と頼まれても、

 ダメ~!!

 と言ってしまいます(笑)。

 その変化の中に、バッグだけでなく「自分自身の10年」という想い出も刻まれているからなのだと思います。
 宝ものは、はじめからそうなのではなく「宝ものになっていく」ものなのですね。

 モノづくりって、幸せだなぁ。

 あらためて、そう思います(^^)

 出来たばかりのバッグ(左)と、私が愛用しているバッグ。
 もちろん、はじめは同じ色でした。

 ・info・
 
 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。


 
 

  • Home
  • About
  • Blog