2018/01/16 07:30

 10年後までの毎日が楽しくなりますように。
 沖縄で、職人さんの愛情をいっぱい受けて生み出されたレザーカービングをお届けする「電波堂劇場クラフト館:紀々の店」より、紀々です。

 ピアノの曲のレベルと同じように、カービングの模様にも、技術的な難易度があります。

 一般的に言われているのは……

 入門編は、唐草。
 次に、お花。
 最後が、フィギュアと呼ばれる動物や人間などです。

 フィギュアは、唐草とお花とは別の技術が必要なため、マレット工房:比嘉美智子さんは、沖縄から東京まで通って学ばれています。
 なんと、泊まり込みで何日間もカービング三昧の日々だったとか。

 「主人が、『借金しないなら、行っておいで』と快く送り出してくれたお蔭。」だそうです。

 そのお蔭で、私たちもあの味わい深いフィギュアのカービングに出合えたのですね!!
 心の広いご主人に、私も感謝(^^)

 みんなのお蔭なの。

 レザーも人生もキャリアを重ねた職人さんは、モノづくりの原動力のひとつに「感謝」がある。
 そう感じます。

 学ばせてくれて、ありがとう。
 自由にさせてくれて、ありがとう。
 大切に使って下さって、ありがとう。
 作ってくれて、ありがとう。

 そんな「ありがとう」がいっぱい行き来する関係をつくれたら……
 いつも、そう思っています。

 このページを見て下さって、ありがとうございます。

 

 ・info・
 
 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。


 
 

  • Home
  • About
  • Blog