2018/01/14 19:38

 10年後までの毎日が楽しくなりますように。
 沖縄で、職人さんの愛情をいっぱい受けて生み出されたレザーカービングをお届けする「電波堂劇場クラフト館:紀々の店」より、紀々です。

 10年、経ったんだね。 

 母が愛用しているのは、自分で作ったおサイフ。
 ツヤが出て、まさに「アンティーク」。
 レジで声をかけられることも多いおサイフです。

 お財布に限らず、永く使っているものにはたくさんの想い出があります。
 
 買った時のこと。
 使っている間の出来事。
 
 お財布がきっかけで、お財布とは関係のない、人生の色んな出来事や気持ちが思い出される……

 これは、作り手としてもとても幸せです。

 実は、お財布はほぼ毎日使うアイテムなので傷みやすくもあり、使い方によって、持ちも大きく変わってきます。


 母の仕事を手伝ってお財布に関わるようになって、20年ほど。
 たくさんの方のお財布を見せて頂きました!

 「お財布って、10年も持つものなんですか!?」

 そう驚かれることがあります。

 なぜ、そのおサイフが10年持つのか?

 その理由を考えてみました。

 10年持つように、素材を選ぶ。
 10年持つように、作る。

 10年持つことを描いて、選ぶ。
 10年持つように、使う。

 作る人と使う人が一緒になって、「10年持つおサイフ」が生まれているのだと思います。
 だからこそ、そんな方々に出会えたら本当に幸せです。

 使ってくれる人の10年分の幸せを願って、これからも、ひとつずつ作りお届けしていきたいと思います。

 
 

 ・info・
 
 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。


 
 

  • Home
  • About
  • Blog