2018/01/05 13:10

 10年後までの毎日が楽しくなりますように。

 沖縄で、職人さんの愛情をいっぱい受けて生み出されたレザーカービングをお届けする「電波堂劇場クラフト館:紀々の店」より、紀々です。


 レザーカービングのバッグと、他のレザーバッグとのちがいは何だろう?
 
 あらためてそう考えた時に、最初に浮かんだ答え。

 それは……

 このバッグ1個に、仕立てのみで仕上げたバッグの10個分以上の手間ひま&愛情がかかっている。

 動画で見て頂いてわかるように、カービングは本当に細かく地味な仕事です。

 好きだから、できるのよね~。
 30年以上やっていても、あきることはないの。
 それどころか、いつも「もっとこうしたい!」という気持ちが湧いてくる

 職人さんが、口をそろえておっしゃる言葉です。

 「好き!」

 その愛情がなければ、バッグは生まれなかったはず。

 仕上がったバッグを見ると、しみじみそう思います。

 だからこそ、

 「好き!」

 と思って下さる方に、持って頂きたいと思うのです。

 母が作ってくれたおサイフやバッグを、私は10年以上使っています。

 お店に飾っている中で一番古いものは、40年近く前に、母が一番最初につくってくれた革のポシェット。
 バッグやおサイフを選ぶ時に、10年後を想像してもらえたら……と思って飾っています。

 「好き!」をつなげるお手伝いをしたい。

 これが、私の願い。

 そして、私自身……レザーカービングが大好き!なのです。

 

 
 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。

  • Home
  • About
  • Blog