2018/05/10 16:39

 10年後までの毎日が楽しくなりますように。
 沖縄で、職人さんの愛情をいっぱい受けて生み出されたレザーカービングをお届けする「電波堂劇場クラフト館:紀々の店」より、紀々です。

 久しぶりに、母がベルトをつくっていました。

 カービングでは、フチがあるのとないのは単なる「デザイン違い」と思われがちですが、そうではありません。
 フチありは、手間と時間のかかり方が大きく変わります。

 でも、

 やっぱり手間と時間をかけただけの仕上がりがある。

 そう感じるので、母は今回もフチありを選んでいました。

 どちらにしても、使う材料は同じ。
 だったら、そこに出来るだけのことをする。

 それが、素材を大事にするということなのだとあらためて感じます。

 私が愛用しているベルトは、10年モノも珍しくありません。
 革のベルトは、本当に長持ちします。

 だからこそ、ちゃんと手間と時間をかけたい。

 そんなアイテムなのです。

 その人に馴染む。

 ベルトほど、その言葉を感じるものはありません。

 私は、自分のカラダと同じカーブに馴染んでくれたベルトを見た時に「ベルトは相棒だ!」とうれしくなりました。

 10年先まで応援したい。

 フチには、そんな想いが込められています。
 
 

 ・info・

 
 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。


 

  • Home
  • About
  • Blog