2018/04/02 12:45

 10年後までの毎日が楽しくなりますように。
 沖縄で、職人さんの愛情をいっぱい受けて生み出されたレザーカービングをお届けする「電波堂劇場クラフト館:紀々の店」より、紀々です。

 「なくてもいいのよね、ホントは。使い勝手には関係ないから……。」
 カービング一筋30年を超える熟練の職人さんから、時々そんなつぶやきがあります。

 それなのに、しかも、こんなに大変な作業なのに、カービングを続けている理由は何?

 カービングが、好きだから。
 革よりも、カービングが好きなのよ。
 本当は、仕立てもしないで、とにかくカービングだけやっていられたら……幸せだなぁって思っちゃう(笑)。

 こんなに大好きで・大好きで・大好きな人が手がけたカービング。
 だから、見る人が「鳥肌が立つ!」と言って下さるのだなぁと思いました。

 つくるところを見ていない人にも、ちゃんと伝わっている。

 これは、本当にうれしいです。
 このブログを通じて、少しでもカービングの魅力・ワクワクをお伝えできたら……とっても幸せです(^^)/


・info・

 
 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。


 

  • Home
  • About
  • Blog