2018/03/21 22:08

 10年後までの毎日が楽しくなりますように。
 沖縄で、職人さんの愛情をいっぱい受けて生み出されたレザーカービングをお届けする「電波堂劇場クラフト館:紀々の店」より、紀々です。

 私が自分でレザーアイテムをつくるようになったのは、母の背中を眺めながらも、ずいぶんと後のことでした。

 「レザーに、助けられたのよ。」

 母も、マレット工房の比嘉美智子さんも、いつもそう話してくれます。

 そして私もまた、レザーに助けられました。

 どうにも笑顔になれない……

 そんな時に、なぜかいくつもつくったのが「ハッピーのしずく」でした。

 カラフルな小さな革のはじっこで、ひたすら笑顔をつくる。
 そんな時間の中で、気がつけば少しずつ私も笑えるようになっていました。

 笑えない時は、誰にだってある。

 そんな時、代わりに笑っています。
 あなたが笑えるようになるその日まで。

 「ハッピーのしずく」に込めた願いです。

 あした、転機になぁれ!

 

 ・info・

 
 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。


 

  • Home
  • About
  • Blog